技能実習と特定技能のメリットとデメリットについて

従来の在留資格「技能実習」と、2019年4月から新たに施行された「特定技能」には、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?今回は、2つの制度について詳しく解説していきます。

技能実習とは

技能実習とは「国際貢献」を目的とした制度です。技能実習生は母国の経済発展のために、日本の企業で働き、様々な知識や技術を取得します。異なる国籍を持つ人材が現場で働くことによって、自然と国際交流、国際理解ができるのも技能実習の特徴です。

また、帰国後、現地で得た情報を活用し、国際ビジネスに役立てられる可能性も十分にあります。まず初めに、技能実習制度のメリット・デメリットについて解説していきます。

技能実習のメリット・デメリット

母国の経済発展のために日本で働く技能実習制度には、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

この制度は技能実習生の転職がないため、安定した職に就けるというのが最大のメリットです。生活を送っていると、生活費や食費など、日々の出費はどうしてもかさんでしまいます。しかし、技能実習制度では安定した収入が得られるため、生活への不安を感じることなく働けます。技能実習生は安定した収入を得られることによって、充実した生活を送れることに繋がります。

また、メリットは技能実習生だけではなく、企業側にもあります。母国の経済発展のために日本に訪れている技能実習生は向上心が高く、現場の活性化やグローバル化につながる可能性があります。

デメリット

一方で、技能実習におけるデメリットとは、雇用できる期間の短さや受け入れ申請作業の多さなどです。1人の技能実習生を3年以上雇用することはできません。そのため、優秀な人材として育っても契約延長は不可能です。(技能実習2号終了後に3号として2年雇用する事ができるため、技能実習生として最大5年間働く事が可能です)

また、受け入れ先に申請する際、100枚近くの書類を提出しなければいけないため、面倒に感じる方も少なくありません。

特定技能とは

特定技能とは、国際貢献を目的としている技能実習とは違い、労働力の確保を目的としている制度です。人手不足が深刻化している日本の企業にとって、労働力の確保は欠かせません。導入されたばかりのこの制度のメリット・デメリットについて解説していきます。

特定技能のメリット・デメリット

外国人労働者としての在留資格である特定技能のメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

特定技能は技能実習とは違い、同業界内であれば転職をすることが可能です。そのため、より良い待遇が受けられる企業で働ける可能性があります。

また、企業側に大きなメリットがあります。目的としている労働力を確保することによって、人手不足解消になりますし、特定技能評価試験に合格した外国人だけが取得でき資格であるため、優秀な人材を確保できます。

デメリット

一方で、転職が重なると収入が安定しなかったり、受け入れ体制が整っていなかったりする場合があります。転職が可能であることはメリットも得られますが、場合によってはデメリットにもなりかねません。退職して、特定技能の在留資格許可申請をするには、現在2~3ヶ月かかると言われており、その間無収入になる可能性があります。また、施行されたばかりの制度であるため、受け入れ体制が完全に整っていない状況となっています。

技能実習と特定技能のメリット・デメリットに関するまとめ

目的や業務内容が異なる2つの制度ですが、どちらも雇用する側、される側にメリット・デメリットがあります。さらに詳しく知りたい方は、技能実習や特定実習を利用する方のサポートなどを行っている協同組合ハーモニーまでお気軽にご相談ください。適切なアドバイスを実施し、お役に立てるようサポートを行います。

協同組合ハーモニー事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください