岐阜県で技能実習生の受け入れなら協同組合ハーモニーにお任せ

岐阜県で技能実習生を受け入れるなら協同組合ハーモニーにお任せください!

協同組合ハーモニーは愛知県名古屋市を拠点として、累計1,000人以上の技能実習生の受け入れを行ってきました。

岐阜県でも多くの企業様の外国人材の受け入れのサポートを行ってきており、岐阜県で技能実習の受け入れでお悩みの方はぜひ協同組合ハーモニーにご相談ください。

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習生は、日本企業で働く知識や技術を身に付けている外国人のことを呼びます。外国人技能実習制度を行う場所にて彼らは学び、その結果日本でよりよい貢献を残すだけではなく、習得したその技術や知識を母国の発展に活かすことも行っています。

そんな外国人技能実習生は1993年に外国人技能実習制度が始まって以来年々法を改正し、現在はよりよい体制で学べる環境となっています。特定技能制度も設けられているので、非常に充実した環境が心強い技能実習生を育てることに繋がっているのです。

この技能実習を行う外国人は入国した1年目は技能の習得を主に行います。この期間は「第1号技能実習」と呼ばれ、2~3年目になると「第2号技能実習」、そして4~5年目には「第3号技能実習」となります。

このように数年にわたってスキルと知識を構築していくため信頼を寄せられる人材となっています。さらに、段階を移行していくためには技能検定と技能実施評価試験に合格することも必要です。

岐阜県はどんな職種の技能実習生が受け入れられているのか?

岐阜県は昔から労働集約型産業の代表とも言える縫製加工業が盛んで、戦後は地方からたくさんの若者が集団就職していた経緯があります。しかし最近では、日本の若い人はこのような仕事を好まず、結果的に極端な労働力不足に陥っていきました。その結果、繊維アパレル産業に、大勢の技能実習生が受け入れられるようになりました。

また、近年では、東京オリンピック開催に伴う関連事業の影響もあり、建設業や宿泊業などにもニーズが高まってきています。他には、岐阜県だけのことではありませんが、少子高齢化の影響もあり、介護業における技能実習生の受け入れも少しずつ進んでいると見受けられます。

※技能実習法の基本理念として「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」(法第3条第2項)と記されていますのでご注意ください。

技能実習生の魅力とは?受け入れで何が変わる?

企業が技能実習生の受け入れをすると企業には多くのメリットが得られます。今回はその一部をご紹介していきます。

生産性の向上を図ることができる

企業は単純に考えただけでも雇う人が多くなるので生産性のアップが期待できます。ただ、技能実習生というのは数々のノウハウを身に付けた人材です。最初は企業のルールに沿って指導を聞くことに重視しつつも、数か月後には一人前の頼れる存在となってくれます。企業の想いに応えてくれながら2年目には後輩の指導も行う余裕すらも見られることでしょう。

社員皆が活発的に

技能実習生というのは向上心の高い人材であることが特徴です。実習中に何度も難しいことを重ねており、実際に業務にあたる時もくじけずに活発的に活躍してくれます。この姿が他の社員にもいい刺激を与えることができるでしょう。結果的に社員全員が活発的となることが期待できます。

海外進出のきっかけにも

様々な国の技能実習生により、企業は海外と日本をつなぐきっかけにもなり得ます。外国人技能次週制度で学んだ外国人は技術のみならず日本の文化や習慣も学んでいます。帰国した際には日本の魅力を伝えてくれることでしょう。このことから企業が海外進出のきっかけにもなるのです。

受け入れの流れ

協同組合ハーモニーを通じて技能実習生を受け入れる場合の流れは以下の通りになります。

STEP
申し込み

協同組合ハーモニーでは申し込みの前に技能実習制度についての説明を行います。制度の説明を聞いて納得してできたうえで協同組合ハーモニーへ加入していただきます。そして企業の受け入れ希望について詳しくヒヤリングしていきます。

STEP
面接

ヒヤリングが終わったら現地の送出機関へ依頼を送り、面接をしていきます。面接は基本的に現地で行われていきます。(オンライン面接も可)現地に行くとなると不安に思う方が多いと思いますが、組合の職員や通訳も同席する形となるので、安心して面接が行えます。

STEP
入国の準備

次の段階として入国の準備をしていきます。このタイミングではビザや在留資格認定、技能実習計画書などの申請書類が必要になってきます。同時進行で技能実習の責任者にあたる人、そして技能実習指導員、生活指導員などの選定も行うべきタイミングとなっています。

STEP
入国

それぞれの国から入国します。

STEP
入国後講習

入国後、実際に配属先で働き始める前に協同組合ハーモニーの研修センターで約1か月講習を行います。日本語や生活のルールなど、実習を行うために必要なことを学びます。

STEP
配属

講習後、配属されます。

岐阜で技能実習生を受け入れるならまずはご相談ください

陶磁器に刃物、木工、プラスチック、衣服など様々な特色ある地場産業が盛んな岐阜では担い手が減少していることから外国人技能実習生を雇うには最適な場所であると言えます。

その力は生産性の向上だけではなく社内全体も活性化させ、さらには海外進出の希望さえも与えてくれることでしょう。 受け入れを希望する場合は、ぜひとも協同組合ハーモニーにまずはご相談ください。

細部までヒヤリングを行い企業が望む人材を見つけられます。あらゆるノウハウを詰め込んだ技能実習生一人ひとりが企業の想いに応えてくれるはずです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!