三重県の技能実習生受入れで成功するコツ

三重県では、生産年齢人口(15~64歳)は、2015年から2045年までの30年間で約34.6万人減少の見込みです。人口減少、少子高齢化の更なる進行は、産業・経済に深刻な影響を及ぼすことが考えられます。

現状のままでは、働き手を確保できなくなるのではないかと危機感を持っている企業は少なくありません。そこで、対策として、外国人技能実習生を受け入れる企業がかなり増えて来ています。

この記事では、岐阜県における技能実習生受入れで成功するコツについて解説します。

三重県主要産業の特徴

海に面し、豊かな自然に恵まれた三重県は古くから漁業や農業が盛んです。伊勢海老や松坂牛などの名産品も多く、観光地の伊勢神宮をはじめ、数多くの観光名所には毎年大勢の観光客が訪れて、観光業も成長しています。

また、四日市コンビナートや本田技研、トヨタ車体など多くの有名企業が工場を置かれているので、 それに関連した石油化学・自動車製造を中心とした製造業も盛んです。近年、半導体や通信機械用部品を製造する大企業が進出したこともあり、 年々出荷額は伸び、県内産業に占めるウエイトが高まっています。

三重県はどんな職種の技能実習生が受け入れられているのか?

三重県の技能実習生数の割合を産業別にみても、特に人材不足が慢性的に深刻な製造業・農業は大半の割合を占めています。その次に占めているのがサービス業。さらに、建設業も年々増加傾向にあるようです。 技能実習生制度はこれらの三重県の産業に適しており、多くの技能実習生によって産業が助けられていると言えます。

※技能実習法の基本理念として「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」(法第3条第2項)と記されていますのでご注意ください。

三重県の技能実習生受入れで成功する為には

監理団体の選び

三重県では、30社ぐらいの監理団体が実習生を送り出しています。三重県にある企業は、三重県の管理団体を使うことが一般的と思われがちですが、実際の所、三重県以外の監理団体を利用することも珍しくはありません。

まず、受入企業と実習生が双方、気持ちよく仕事できる環境を整えるように動ける監理団体であること。中には、月1ペースで現場を訪れ、数分間雑談をしてそのまま帰っていく監理団体がいたりします。これでは企業や実習生が抱える問題があったとしても、解決することができません。

監理団体の仕事は、実習生を紹介して終わりではありません。理団体を選ぶ際には評判だけでなく、スタッフと対面した際の雰囲気など確認することがおすすめです。

現地とのコミュニケーション

監理団体選びと同じぐらい重要なことですが、受け入れる技能実習生の見極めがしっかりできれば、 受け入れた後のトラブルが少なくて済みます。 採用する国に出向き、直接に面接を通じ、技能実習生たちとの関りを深めて行った方がいいと言えます。可能であれば、家庭訪問を実施したりして、信頼関係を築くことが出来れば、技能実習生の受入成功率を高めることにつながります。

生活のサポート

技能実習生は3年又は5年間、日本に滞在します。その間に、労働法や技能実習法はもちろん、日本で生活する上での様々なルールをしっかり指導しなければなりません。また、技能実習生にいくら日本語を教え込んでも、母国語を使った生活のサポートできるほうが、一番説得力あります。

母国語を話せるスタッフにより、宿舎を定期的に巡回し、カウンセリングを行った上で、長期休暇前や、季節毎の注意事項等、実習生に特有の問題を事前に指導しトラブル予防に役に立てられます。「受入企業側 技能実習生側 双方の意見・要望を正確に伝え、聞く」ことはとても大切で、言葉の壁によって人間関係が構築できなければ、お互いに満足できる結果には繋がりません。手厚く生活のサポートができるかどうかは監理団体を選ぶうえで、外せないチェック項目です。

まとめ

政府側に認められている技能実習生の受入可能な職種・業種には、少子高齢化による人手不足が深刻とされるものが多いと言えます。実習期間内は、意識の高い技能実習生の力を借りることができるので、外国人技能実習制度を上手に取り入れることで、活発な営業展開から業績向上・利益向上に結びつくことも大いに期待できます。

協同組合ハーモニーでは、技能実習生に関するトータルでサポートを行っています。受け入れをスムーズにするための充実したサポートに加えて、コロナ禍による入国或は出国できない技能実習生の問題を解決する為に、専任スタッフがご要望等のヒヤリングを行った上で、さらには365日24時間いつでもきめ細かな対応体制を整えてあります。三重における技能実習生の受入れを検討されている場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

協同組合ハーモニー事務局