技能実習責任者とは?役割や選任要件・講習について解説

技能実習では技能実習責任者を事業所ごとに選任する必要がありますが、技能実習責任者とはどういった役割があるのか、どういった人がなれるのか疑問に思う方も多いかと思います。

そこで、この記事では、技能実習責任者の役割や選任するための要件、また技能実習責任者が受講しなければならない講習についても解説をしていきます。


技能実習責任者について理解を深めたい方はぜひ参考にしてみてください。

目次

技能実習責任者とは

技能実習責任者とは技能実習を管理・監督する責任者のことで、事業所ごとに選任され、技能実習指導員、生活指導員など、技能実習に関わる職員を監督し、技能実習の進捗状況などを管理する役割があります。

技能実習責任者は以下の内容について統括管理します。(監理団体型の場合)

①技能実習計画の作成
② 技能実習生が修得等をした技能等の評価
③法務大臣、出入国在留管理庁長官、厚生労働大臣、機構、監理団体への届出、報告、通知、その他手続き
④ 帳簿書類の作成、実習実施報告書の作成
⑤ 技能実習生の受入れ準備と監理団体との連絡調整
⑥技能実習生の保護に関すること
⑦ 技能実習生の労働条件、産業安全及び労働衛生に関すること
⑧ 技能実習に関係する国・地方公共団体の機関、機構その他関係機関との連絡調整

このように、適正な技能実習が行われるように技能実習全体の統括・監督を行います。

技能実習責任者になるための要件

技能実習責任者になるためには、以下の要件・条件を満たしている必要があります。

①実習実施者またはその常勤の役員もしくは職員
②自分以外の技能実習指導員、生活指導員、その他の技能実習に関わる職員を監督することができる立場の者
③過去3年以内に技能実習責任者講習を修了した者


技能実習指導員、生活指導員は講習(養成講習)を受講することは必須ではありませんが、技能実習責任者は3年に1度講習を受講することが必須です。 1度受講すれば終わりではなく、3年に1度有効期限を更新するような形で受講する必要があります。


技能実習指導員と生活指導員が講習を受講する場合は優良要件の評価に加点されるため、必須ではないものの受講が推奨されます。

技能実習責任者の対象外

技能実習責任者になるための要件を満たしていても、以下に該当する場合は技能実習責任者に選任することはできません。

①欠格事由に該当する者(禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終えた日から 5 年を経過していない者など)
②過去 5 年以内に出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しく不当な行為をした者
③未成年者


また、技能実習責任者は技能実習指導員、生活指導員などを監督する立場にあるため、業務の経験が浅い新人職員を技能実習責任者に選任することも認められていません。

技能実習責任者講習について

ここからは、技能実習責任者が受講しなければならない講習について解説をしていきます。

技能実習責任者講習の受講対象となるのは下記に該当する方です。

  1. 技能実習生を受け入れて技能実習を行わせている者又は行わせようとする者により技能実習責任者に選任されている者(選任予定の者も含まれる)
  2. その他技能実習責任者講習を受講して、一定水準の知識を習得し、理解を深めようとする者

技能実習責任者は3年ごとに受講が必須となっているため、3年に1度有効期限を更新するような形で受講する必要があります。

技能実習責任者講習の内容

技能実習責任者講習を受けたことがない場合、どういった内容なのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、技能実習責任者講習の標準的なカリキュラムを例としてご紹介します。(各会場の詳しい開催時間等は開催スケジュールからご確認ください。)

>>技能実習責任者講習 開催スケジュール

時間講義時間内容
8:30~ 開場・受付
8:55~9:005分ガイダンス・注意事項
9:00~10:3090分講義① 外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律について
10分休憩
10:40~11:1030分講義② 出入国管理及び難民認定法について
11:10~12:1060分講義③ 技能実習指導の行い方
休憩(昼食)60分
13:10~14:4090分講義④ 労働関係法令について
10分休憩
14:50~15:5060分講義⑤ 労働災害防止・労働災害時対応について
10分休憩
16:00~16:3030分理解度テストの実施及び採点
16:30~16:4010分受講証明書交付

講習は、講義と理解度テストの合計6時間となっています。

技能実習責任者講習の理解度テスト

講義が終わった後は理解度テストが実施され、20問中7割以上(14問以上)の正解で合格することができます。


〇×形式のテストで、内容としてはそこまで難しいわけではなく、講義をしっかりと聞いていれば合格することができます。テストに合格すると受講証明書が交付され、不合格だと不合格通知書が交付されます。


不合格だった場合は、別の日に再度講習を受講しテストを受け直す必要があります。受講料など費用がかさんでしまうため、できるだけ一度の受講で合格しましょう。

技能実習責任者講習はオンラインでも受講可能

技能実習責任者講習は会場に直接行かなくても、オンラインで受講することも可能となっています。


以前は、更新目的でなければオンラインで受講ができませんでしたが、2022年4月から初回受講の方でもオンラインで講習を受けることが可能となりました。


オンラインでの講習はZOOMでの参加
となり、参加するには1人1台のパソコン(ウェブカメラなどの周辺機器含む)が必要となります。タブレットやスマホでは参加が不可なのでご注意ください。


また、理解度テストに関しては専用のURLが送られてくるので、専用サイトを開いてテストを受けることになります。

パソコンやZOOMに慣れている方であれば、オンラインでの受講がおすすめです。

参照:全基連 オンライン責任者講習 

まとめ

以上、技能実習責任者について解説をしてきました。

要点をまとめると以下の通りです。

・技能実習責任者とは技能実習を管理・監督する責任者のこと

・技能実習責任者になるには要件を満たす必要がある。(3年ごとに技能実習責任者講習を受講する等)

・技能実習責任者講習は〇×形式で7割以上の正解で合格

・技能実習責任者講習はオンラインで受講も可能

技能実習責任者は技能実習を行う上で選任が必須となるので、技能実習生を受けれる場合は事前に理解を深めておきましょう。

その他、分からないことがあれば協同組合ハーモニーにご相談ください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる