入国後の技能実習生の問題とその解決方法とは

母国の経済発展に貢献できるような経験や知識を日本で学んでいる外国人技能実習生ですが、様々な問題を抱えているケースが知られています。

では、そのような実習生たちは問題を解決するためにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、直面している問題や解決方法をご紹介します。

低賃金・労働時間が大きな問題となっている

日本で外国人技能実習生が活躍している一方で、実習生たちが様々な問題を抱えていることをご存じでしょうか。

問題となっている中で一番多いのが、賃金の低さ、過酷な労働時間です。近年、外国人労働者の受け入れが増加している中、残業代の未払いや、労使協定違反の残業などの問題が多発しています。

年号が令和に変わってからも、労働時間、安全基準、割増賃金の支払いなど、労働基準法違反が多数報告されています。過酷な強制労働に耐えられなくなった実習生が逃げ出し、逮捕・強制送還されるケースもあります。

しかし、罰が課せられるのは実習生だけで、過酷な労働を強制した日本の企業が罰せられない事実に、強い反感が高まっています。

また、労働基準法違反を自ら告発する実習生は少なく、外部からの調査がなければ発覚していなかったことも大きな問題となっています。

身体的・精神的トラブルも発生している

金銭面や労働時間だけではなく、パワハラ、セクハラ、労働災害の隠蔽、人権侵害などの問題も相次いでおり、身体的・精神的苦痛を感じている実習生がいます。

外国人技能実習制度の本来の目的は「国際貢献」にも関わらず、受け入れ先の企業が実習生たちのことを「安い労働力」と捉えている実態があります。

家族の元を離れ異国の地で暮らしている実習生たちは、ただでさえ孤独を感じやすい環境に置かれているというのに、日本の企業がさらに過酷な環境を作り上げています。

実際に、現場で上司から心無い言葉を毎日浴びせられ、精神的におかしくなり、普通の生活を送ることができなくなった実習生もいます。

また、人手不足が深刻化している日本の企業にとって欠かせない存在であるはずの実習生に対し、人権侵害の被害が相次いでいるのをご存じでしょうか。国籍や話す言語が違うという理由だけで、劣悪な環境に置かれているのです。

この問題を解決するにはどうすればいいのか

先ほどもご紹介したように、外国人技能実習制度は国際貢献を目的とした素晴らしい制度です。

母国のために働く実習生と、人手不足の悩まされている日本の企業、どちらにも大きなメリットがあります。

トラブルや問題を抱えずに働くためには、どのようにすればいいのでしょうか。

実習生としっかりとコミュニケーションをとる

実習生の中で、職場での人間関係に悩んでいる方もたくさんいます。日本語を上手く話せない実習生が職場で孤立し、仕事を辞めてしまうという事例も多く、慣れない環境で働く実習生たちにとって大きな課題なのではないでしょうか。

もちろん、実習生自身が人間関係を築く努力をするのも大事ですが、慣れない環境に身を置く実習生に対して、周りが積極的にコミュニケーションを取ることが非常に重要です。

監理団体への規制強化

監理団体とは、受け入れ先の企業が違法なく技能実習しているかどうか確認する機関です。

現在、法整理され監理団体への規制が強化されており、職場環境を厳正にチェックしています。

規制強化されたことによって、現場での問題や悩みを打ち明けることができ、問題が解決へと向かうでしょう。

実習生が抱える問題とその解決方法に関するまとめ

現状、実習生は様々な問題を抱えて働いています。実際に発生している問題の解決方法について詳しく知りたい方や、受け入れを検討している方は、協同組合ハーモニーに気兼ねなくご相談ください。

協同組合ハーモニー事務局